LVLとは

当初、合板の製造工程と類似していることから「平行合板」とも呼ばれていました。 現在は単板積層材もしくは英語の「Laminated Veneer Lumber」を略してLVLと呼ばれています。

単板の厚さは1.3mm〜2.2mm程度が通常で積層数は数層から数十層に及ぶものもあります。 また幅反りを防ぐため直交層(クロスバンド)を挿入する場合もあります。

この直交層を一枚毎に規則的に製造したものが合板で、LVLは平行層が圧倒的に多く使用されています。 合板が幅広の板として利用するのに対し、LVLは比較的、製品の厚さが厚く、主な用途が骨組材,芯材に使用されています。

一言にLVLと略しても使用用途は様々。

内装材などで使用する高い寸法精度が必要なLVLと梱包用材のように精度、品質があまり重要視されない使い捨てのLVLでは、 製造工程上大きな違いがあり、使用される接着剤等も異なり同じLVLでも品質に大きな違いが発生します。

LVLの主な使用用途

◆品質重要視

  • 住宅用パネル部材
  • 柱.間柱用
  • 建具用
  • 別注家具芯材用
  • 造作ラッピング用

◆価格重要視LVL

  • 梱包用材
  • 使い捨ての芯材
_

PDF ファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader® が必要です。アドビ社のサイトより無料でダウンロード可能です。

_